iPhone ライフハック

スタバのコロナ対策が神すぎたので紹介したい

コロナ禍のもと、様々な店舗で、入店前の手指のアルコール消毒が当たり前になっているさなか、スターバックスが珍しいものを導入していたので紹介します(注:試験運用中のため、現時点では一部店舗のみ)!

手洗いに加え、スマホも除菌ができる!?

一見すると普通の手洗い機のように見えますが、右横に謎の穴がある...。この穴の中にスマートフォンを入れると、なんとUV殺菌してくれるのだそうです。

使い方

使う手順としては、こう。

手順

  1. 手を洗う前に、スマートフォンを先に穴の中に入れる
  2. 穴の中は昇降式になっており、スマートフォンを入れると下の方に移動する
  3. その後、自動的に扉が閉まるので、その間(30秒間)に手を洗う
  4. 手を洗い終えると、穴の扉が開いてスマートフォンを取り出せる

手を洗っている間に、スマートフォンを消毒してくれるなんてスゴすぎる!まさに"新しい手洗い体験"と呼ぶにふさわしいですね。

この右横の穴の中にスマートフォンを横にして入れる。

注意してほしいこと

注意したいのは、この穴が閉じてしまうということ。僕はそのことを知らず、モバイルバッテリーの充電ケーブルを挿したまま穴にいれたものだから、スマホが出てこなくなって相当焦りました...。

幸いにも、スタバの店員さんがすぐに気づいて対処してくれたおかげで、無事にスマホを取り出すことができました。あのときの店員さんには感謝しかありません。忙しいさなか、笑顔で対応してくれて本当にありがとう!接客が気持ちいいからスタバって好きなんだ。

この手洗いスタンドの正体

このスタンドを作っているのは「WOTA CORP. 」という会社。で、例のスタンドの名前は「WOSH」といいます。この製品の開発コンセプトに惚れる。それが紹介したくなったいちばんの理由。

サイト内にYoutubeの動画があったので、時間のある人はぜひ観てください。この下に埋め込んでおきます。

この会社は元々、災害用シャワーなどの開発を手掛けているので、独自の水循環テクノロジーをこの製品に詰め込むことができたとのこと。水道につなぐ必要がないからどんな店舗にでも置けるし、水も循環して濾過されるのでいつでも綺麗な水で手を洗えます。

サイトを見てみると、この手洗いスタンド(ドラム缶)の中では、①次亜塩素酸による殺菌、②逆浸透膜と2つのフィルターによる濾過(ろか)、③AIによる制御機能等がはたらいているらしいです。

また、この手洗いスタンドが従来のアルコール消毒と何が違うのかを説明してくれているページはこちら。とっても分かりやすい。

さいごに

気になる点もあげておきます。

従来の消毒スプレーと比較すると、この手洗いスタンドの前で客が滞留する時間が増えてしまうという懸念点。そのため、人の出入りの激しい大型スーパー等への導入は難しいかもしれません。一方、ショッピングモールなら出入口は厳しいとしても、個別の店舗の中に設置できればいいだけの話かなと思います。

設置に適した店舗の向き不向きはあるだろうけど、とりあえず個人的にはまずは全国のスタバで導入されることを希望。そうすることでこの製品の知名度が広がり、他の会社や店舗に導入への関心が増えていくことを期待したいですね。

尚、今回お邪魔したスタバの店舗は「新宿サザンテラス店」。

このブログでこの記事が初めての投稿でした。

ラフター
役に立った!など思っていただけたら、ぜひTwitterのフォローや記事のシェアをお願いします!

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました!
これからもGagetTable(ガジェットテーブル)をよろしくお願いします。

(おしまい)

-iPhone, ライフハック
-, , ,

© 2023 GadgetTable (ガジェットテーブル) Powered by AFFINGER5