MNO/MVNO 格安SIM

ゼロからはじめる「格安SIM」③ - キャリア vs 格安SIM!そのちがいと気になるポイントをまとめてみた

この記事は2017年3月に書いたものを加筆修正しています。

最近クローズアップされている格安SIM。しかし、現在契約しているキャリアを離れるとなると、いろいろと心配になるはず。

そこで、キャリア(Docomo, au, softbank)vs 格安SIM、そのちがいって実際のところどうなの?支払い方法は選べる?など気になるポイントをまとめてみました。

▼この記事の続きです。

ゼロからはじめる「格安SIM」② - 格安SIMにするメリットとデメリット

 

キャリアと格安SIMのちがい - まずは基本をおさえる

さて、両者のちがい、まずは基本的な部分を整理しましょう。

なお、格安SIMは厳密にいうと、MVNO(= Mobile Virtual Network Operatorの略)と呼ばれる事業者が提供するものになります。

図にまとめてみました。

上記のように比較すると、ほとんどの項目でキャリアの方がよい結果になります。

こうみると、月々の料金以外に、格安SIMが勝っているところってないですよね?

そう、格安SIMがキャリアに勝っているのはぶっちゃけ、料金だけです。料金は気にしないよというひとはキャリアのままでいいんです。

しかし、格安SIM最大のメリットは、なんといってもその月々の料金が劇的に安くなること。そのため、「格安SIM」が最近これだけHOTなキーワードになっているわけです。

気になるポイントを整理

では次に乗り換え時に気になるポイントをあげていきましょう。

気になるポイント① 料金はどのくらい変わってくる?

ぼくが加入していたauを例にとってみます。

現在加入しているLINEモバイルと比較(2017年3月時点)。

どうでしょう?これは僕一人の金額なんだけど、年間で約6万円の節約になっています。

仮に夫婦で格安SIMに移行すると、単純に2倍で年間12万円!毎月1万円を貯金していくのと同じ金額になるわけです。銀行に預けていてもこんなに利子は増えないですよね。

気になるポイント② 料金プランをひとりで決めるのは難しそう...

Q. スマホの料金プランってとても分かりづらかった記憶が...。格安SIMにしたくてもどうやって料金プランを決めたらいいか不安です。実店舗がないのでは、相談するのもやはり難しいでしょうか?

A. MVNOの料金プランはシンプルなのでキャリアよりも断然わかりやすいです。どうしても相談したい場合は、チャットや電話でのサービス、また、量販店の相談カウンターを利用する方法もあります。 

ぜひ一度、気になるMVNOのホームページをご覧いただき、料金プランを確認してみてください。キャリアと比べて、かなり分かりやすい案内になっているはずです。

たとえば、LINEモバイルのホームページだと、初期費用 + 月額料金 + 通話料とシンプルな案内しかありません。また、ホームページ上からチャットでプランについて簡単に質問できるようにもなっています。

気になるポイント③ 支払い方法はクレジットカードのみ?

Q. MVNOだと口座振替ができないと聞きました。ほんとうですか?

A. 多くのMVNOではクレジットカードが必須ですが、例外もあります。

・キャリア...口座振替が可能
・MVNO...クレジットカードが必要

基本的には上記のようになります。クレジットカードを持っていないひともいると思いますが、そういう人には確かに乗り換えしづらい条件になりますね。

しかし、以下のMVNOでは口座振替など他の支払い方法が可能になっています。

●OCNモバイルone
口座振替のお手続き | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

●DTI SIM
支払い方法|会員サポート|【dream.jp】

●楽天モバイル
「クレジットカード/デビットカード」「口座振替」「楽天スーパーポイント支払い」が可能。
楽天モバイル:お支払い方法について

●BIGLOBE SIM
データ通信専用SIMのみ口座振替可能。
利用料金の支払い方法は何がありますか :「BIGLOBE LTE・3G」 | よくある質問 | BIGLOBE会員サポート

●ぷららモバイルLTE
新規入会の方はクレジットカードのみですが、ぷらら会員の方は現在の支払い方法が利用できる。
料金の支払い方法について | ぷららQ&A|ぷらら

気になるポイント④ 携帯電話本体代金の分割払いが終わっていないけど...

Q. スマホを分割払いで購入しましたが、まだ全部の支払いが終わっていません。解約するとなると、やはり残債は一括払いしかダメでしょうか?

A. そのまま分割払いを継続できます。また、残債を一括払いすることもできます。

Docomo、au、softbank各社とも分割支払いをしていた場合はそのまま継続することが可能です。

まとめ

月々の支払い金額が気にならないひとはそのままキャリアでもいい。その方が通信速度はまちがいなく速い。ただ、そのちがいを理解したうえで月額料金が下がることに魅力を感じる方には、ぜひ格安SIMをオススメしたい、というところです。

今回は乗り換え時に気になるポイントをまとめてみました。あなたに合った格安SIMが見つかりますように!

 

さいごまでご覧いただきありがとうございました!

(おしまい)

-MNO/MVNO, 格安SIM
-,

© 2022 GadgetTable (ガジェットテーブル) Powered by AFFINGER5