Apple iPhone アクセサリ

iPhoneの画面割れ修理でApple Ginzaに行ってきた【保護フィルムも付けてもらった】

iPhoneの画面が初めて割れた→修理

今回はiPhone 7の画面割れ修理のために Apple, Ginza にやって来ました。

iPhone 3GのときからiPhoneを使ってるけど、画面割れは今回が初めて。よく電車の中で、画面バキバキの状態で使っている人を見かけるけど、自分には縁がない話だと思っていました。そのくらい油断していました。うちの長男くんが写真撮りたいと言って触ってるうちに、アスファルトの上に落としたという...育児あるある。

しゃがんで触っている時に落としたので高さ30cmくらいのところから落ちただけなんだけど、アスファルトは最強ですね、これだけで複数のひび割れが発生。ほんと皆さん気をつけてください...。こんな感じ。

画面割れの修理について、費用はいくらくらいかかるの?とか、修理にかかる時間は?とか、気になるところが多いと思うので今回記事にしてみました。

画面割れの修理を検討しているひとがこの記事にたどり着いたときに、少しでもお役に立てば嬉しいです。また、iPhoneを使っているひとには、備えあれば憂いなしできっと役立つ内容になるはずです。

修理に関するQ and A

Q. 修理の予約方法は?

A. Apple Storeで修理を検討する場合、事前に予約が必須。当日いきなり行っても、予約がいっぱいで待ち時間が非常に長くなったり、最悪受付してもらえないことがあります。

Apple Store直営店の予約をとる方法としては、以下の3つ。

今回僕は、いちばん上の「Apple サポート」というアプリを使って事前に申し込みました。このアプリから申し込むと簡単に予約が取れて、しかも日にちが近づいてくるとメールでお知らせもしてくれるので助かりました。

Q. 修理にかかる時間は?

A. 画面割れの修理にかかる時間は、約2時間と言われました。ちなみに平日のお昼頃の予約時間。ストアの店員さんによると、土日だとさらに延びて3時間くらいかかるのだとか。

ただ、違う店舗だと1時間~1時間半くらいで終わったよーという知人の証言もあるので、うーんどうかな、画面割れの場合は少なくとも2時間くらいは余裕をみておいたほうがいいかもしれない。

ちなみに、丸ごと交換が必須の破損(水没や本体がひん曲がる等)であれば、全然もっと早く終わるそう。

Q. 当日中に修理してもらえるの?

A. 『修理は基本的に当日中に完了するよう最大限努めています』

との回答でした。ただ、あまりに遅い時間になってしまうと、日をまたいでお返しすることがあるとも。

一方で、

「こちらの都合で次の日に取りに来てもいいですか?」

とか

「1週間後に取りに来てもいいですか?」

というリクエストは聞いてもらえるのか確認したところ、

『基本的には当日中にお返しするようにしているので...』

との回答でした。要は無理ってことか。

こちらの事情で翌日以降の受取日をお願いするのは、やはり難しいみたい。

Q. 修理料金は?

A. 僕はAppleCare+に加入していたので、

  • 画面割れだけの場合は 3,400円(税別)
  • 本体交換が必要な場合は 11,800円(税別)

という料金を提示されました(2017年6月1日現在)。

「画面割れで済んだら3,400円で済むけど、それ以外の損傷が見つかったら本体交換するから11,800円かかるけどいいよね?(ニッコリ)」ということに同意する必要があります。

iPhoneの修理金額は、

  • iPhoneシリーズ(7, 6s, SE, 6, 5s...etc)
  • 保証状況(保証期間内か否か)
  • AppleCare+ 加入有無

によって随分変わってくるので、詳しくは下記リンク先を参照してください。

Q. 支払い方法は?

A. クレジットカードまたは現金が選べます。もちろん、ApplePayも利用可能。

Q. 代替機は貸してもらえるの?

A. たとえば、Apple Storeの事情で当日中の修理がかなわず、預かり修理になった場合、代替機は貸してもらえるのか聞いてみた。

『こちらも、基本的には当日中に修理/交換が完了するように最大限努力します。ですがそれがもしもかなわなかった場合は、代替機をお貸しいたします。まぁ、そういうことはほとんどないですけどね』

おぉ!そうなんだ。少し安心した。しかし、店舗側も100%保証できるわけではないので、そこは注意。

Q. 契約している名義が自分ではないけど修理してもらえる?

A. たとえば自分の旦那さんが契約の名義人で、利用者の奥様だけが来店した場合、修理してもらえるのか聞いてみました。

『はい、可能です。名義人は関係ありません。実際にiPhoneを使っている成人の方であれば、修理受付は大丈夫です』

との回答でした。

Q. 未成年者だけが来店したら修理受付してもらえないの?

A. たとえば中学生や高校生だけが修理に来店したとしたら、修理はしてもらえないのか聞いてみました。

『未成年者の方のiPhoneを修理する場合は、かならず保護者の方と一緒にご来店をお願いしています』

との回答でした。保護者同伴でないと、お断りになるそうです。

修理受付の当日の流れ

来店してから

Apple Store, Ginzaに初めて来店すると、まずびっくりするのがエレベーター。

ここのエレベーターは「閉」ボタンがない。そう、ないのです。乗ってしばらくすると勝手に閉る。初見殺しのエレベーターなのです。

ちなみに、向かって左側のエレベーターが4FのGenius Bar(修理受付)に直行します。途中階は止まらないので、空いていればそちらを利用した方が早く着きます。

4Fで修理受付

以下の流れで修理受付が進みます。担当者によっては順序が前後するかもしれないので、そこはご容赦を。

  •  バックアップをとってきたかの確認
  • 「iPhoneを探す」をオフ
  • パスコードをオフ
  • (iPhone 7以降シリーズのみ)登録している場合はSuica情報の削除
  • 名前やメールアドレス、電話番号の確認
  • 保存されているデータの放棄に同意する
  • (保護フィルムを貼り付けている場合)フィルムの返却ができないことに同意する
  • 見積料金に同意する

全部、ジーニアス(修理スタッフ)の方がリードして案内してくれるので、特に困ることはありません。

そのあと、診断テストを行ってくれました。申告症状は画面割れではあるものの、他に問題がないかを調べるためだそう。この診断テスト自体は1〜2分で終わりました。

これまでの事項全てに同意したら電子サインに署名して、さいごに見積書がもらえます。修理完了予定時間をここでおしえてもらえることになります。僕の場合は受付時間からちょうど2時間後でした。

待ち時間のあいだどうすればいいの?

修理が終わるのを待つあいだ、どうしよう...。ということで、まずは3Fシアターでワークショップ(いまは"Today at Apple"という名称に変更)に参加してみました。

よっぽどのことがない限り、当日参加しても大丈夫。離席も自由。参加といっても、講義を受けるみたいな感じでたんたんと進む。

なお、最前列だけは予約のお客様専用だそうなので、当日いきなり参加する場合はそこだけ注意。
ちなみにトイレはこの3Fフロアに入り、向かって右手前奥にあります。

あと、2FでiPhone/iPad/Macのアクセサリー類が販売されていたのでそれを見てきました。修理が終わったら、ここで保護フィルムを買うよ。

そのあと、銀ブラ(死語)しようかなと思い、少し外を出歩きました。ちなみに銀ブラは銀座をブラブラすることではなく、銀座でブラジルコーヒーを飲むことらしい(どうでもいい)。

その後、お目当のブラジルコーヒーではなく、oslo coffeeというお店でエチオピア産のコーヒーをいただきました。ホットコーヒーが一杯750円、たっか!銀座こわっ!

閑話休題。

修理完了予定時間がきたら

特に電話やメールで連絡がもらえるわけではないので、予定時間になったら店舗に戻る。さきほど貰った見積書を持って4Fに向かいます。受け取るのにかかる時間は5分くらいでした。

  • 受付したときの本人かどうかの確認のため、名前が確認できるものの提示
  • 修理料金の支払い

以上二点。

名前が確認できるものであれば大丈夫とのことで、顔写真付きのものでなくても大丈夫でした。社員証や保険証でも良いそう。

修理報告書を受け取る

今回は画面割れだけで済みました。ホッ。

AppleCare+に加入していたおかげで3,400円(税別)で済んだ。これ、入っていないと16,800円(税別)コースだから。ほんとうに入っててよかった。

結果、無事にきれいな画面に直りました!画面割れだけで済んだので、中のデータも消されずそのままで持ち帰ることができました。

今までケースを付けないで持ち歩いてたので、これからはケースに入れよう!と硬く誓いました。

オマケ:保護フィルムを購入→貼付をお願いした

修理が終わってきれいな画面のうちにと思い、そのままストアで保護フィルムを購入。

実は、ストアでは購入した保護フィルム(*ベルキン社製のみ)をその場で機械で貼り付けてくれるサービスがあります。「Belkin ScreenCare+」という機械を使って貼り付けてくれます。

1. まず、丹念にスクリーン上の汚れや埃をクロスで取り除いてくれる。

2. 次に、スクリーン全体を覆うような大きなシールを貼り付けて、細かなゴミや埃に追い討ちをかける。

3.「Belkin ScreenCare+」にiPhone本体をセットする。

ホットサンドメーカーみたいな形をしてる。

4. 蓋をしてセット完了。

5. 手前に見える透明なフィルムをそのまま矢印の方向に引っ張る。今回、スタッフの方のご好意で「よかったらひっぱってみます?」といってやらせてもらえた。

6. その後、これまた丁寧に気泡を取り除いてくれる。

仕上げは感動するくらいとても満足できるものでした!気泡一つ見つからず、正確に左右対称にズレもなく貼り付けてもらうことができた。これはほんとオススメです!

 

さいごまでご覧いただきありがとうございました!

(おしまい)

-Apple, iPhone, アクセサリ
-, ,

© 2023 GadgetTable (ガジェットテーブル) Powered by AFFINGER5