Apple Apple Watch

【画像付】ついにApple Watchに心電図アプリが登場!アップデート手順と使い方を解説

日本時間で2021年1月27日本日より、日本でも心電図アプリケーションが使用できる watchOS7.3 がリリースされました。

この記事では、AppleWatchで心電図機能を使えるようにするまでの手順を、写真付きで詳しく解説します。

概要

押さえておきたいポイントはココ!

  • 「心電図」アプリケーションを使えるApple Watchは、シリーズ4|5|6 が対象
  • 「不規則な心拍の通知」機能は、シリーズ3 から対象
    (→心房細動の可能性がある不規則な心拍が検知された場合、通知される機能)

アップデート手順

step
1
iPhoneを先にアップデートする

  1. まず、大前提としてWi-Fi環境が必要です。Wi-Fiに接続していないと「ダウンロードとインストール」メニュー自体が押せないのでご注意ください。
  2. iPhoneのアップデートをするには、設定アプリ>一般>ソフトウェアアップデートと進みます。
  3. (最新のwatchOS 7.3 にあわせて)iOS14.4 がリリースされているはずです。
  4. 「ダウンロードとインストール」をタップします。

僕の環境下では、iOSのダウンロードとインストールが終わるまで、約30分ほどでした。

step
2
watchOSをアップデートする

  1. iPhoneから、watchアプリを開きます。
  2. マイウォッチ>一般>ソフトウェアアップデートと進みます。
  3. 次のような画像が出るので、ダウンロードとインストールをタップします。

    iPhoneの画面

僕の環境下では、watchOSのダウンロードとインストールが終わるまで、約30分ほどでした。

設定手順

Apple Watchから「心電図」アプリを開く

  1. まず、AppleWatchのアイコンの中に、新しく心電図アプリがインストールされていることが分かります。

    Apple Watchの画面

  2. そこでこのアイコンをタップすると、「iPhone上のヘルスケアAppを開いてください」と促されます。

    Apple Watchの画面

  3. 指示通り、iPhoneからヘルスケアアプリを開きます。
  4. 「概要」のページに遷移するはずです。

    iPhoneの画面

押さえておきたいポイントはココ!

  • 今回のアップデートで、①「心電図」アプリケーション②「不規則な心拍の通知」機能が追加された
  • それぞれ別の機能であり、また、どういうことが計測できるのかは、画面上に説明が出てくるのでしっかりと確認しておこう

ここまでで、①「心電図」アプリケーション②「不規則な心拍の通知」機能を設定をするための準備ができた、と思ってください。

「不規則な心拍の通知」機能を設定する

まずは、②「不規則な心拍の通知」機能について設定を行います。この機能はApple Watch シリーズ3でも使える機能です。

「心房細動は不整脈の一種です。」という説明とともに、これから何を設定するのか、どんなことが測定できて、どんなことが"分からない"のか、を画面上で説明してくれます。

  1. 続けるをタップします。

    iPhoneの画面

  2. 誕生日など質問項目を設定して「続ける」をタップします。

    iPhoneの画面

  3. 「仕組み」のページに遷移します。そのまま「続ける」をタップします。

    iPhoneの画面

  4. 注意事項の確認です。「知っておくべき4つのこと」をひとつずつ確認しながら「次へ」と進みます。

    iPhoneの画面

  5. 通知の表示設定。今オンにするか、後で設定するかを選べます。僕は忘れると嫌なので、ここで「通知をオンにする」を選択しました。

    iPhoneの画面

  6. 「不規則な心拍の通知」メニューに遷移します。ヘルスケアアプリの「概要」からいつでもこのページにアクセスできるので、学習内容を振り返りながら(数値を気にするだけでなく)健康に対する知識をぜひ積極的に身に付けましょう。

    iPhoneの画面

「心電図」アプリケーションの設定方法と測定

次に、①「心電図」アプリケーションの設定と測定を行います。この機能はApple Watch シリーズ4以降で使用できる機能です。

  1. 先ほどの画面から、概要に戻ります。

    iPhoneの画面

  2. 「Apple Watchで心電図がとれます。」の画面から「設定」をタップします。

    iPhoneの画面

  3. 心電図アプリケーションの設定画面になります。必要な情報を設定します。

    iPhoneの画面

  4. 説明を読みながら「続ける」をタップします。

    iPhoneの画面

  5. 「起こり得る結果」についての説明画面です。読みながら画面を下までスクロールさせ、さいごに「続ける」をタップします。

    iPhoneの画面

  6. 「知っておくべき4つのこと」画面。こちらでも注意事項が4つ出てきます。「次へ」を推してながら読み進め、さいごに「続ける」をタップします。

    iPhoneの画面

  7. いよいよ心電図アプリケーションを使って、最初の心電図をとります。指示に従い、Apple Watchの画面から「心電図」アプリを起動します。

    iPhoneの画面

  8. 30秒間、心電図を取ります。その間、指はデジタルクラウンから離さないでください。

    Apple Watchの画面

  9. 測定結果が表示されます。問題がなければ「完了」をタップします。

    Apple Watchの画面

以上で、心電図アプリの設定と測定を終えました。

さいごに

Apple Watchで心電図がとれるようになったことで、ユーザーの健康への関心度も増すと思われます。やっと日本でも使えるようになったので、定期的に、積極的に使っていきましょう。

この記事の内容をまとめると...

  • 「不規則な心拍の通知」機能の設定と使い方
  • 「心電図」アプリケーションの設定方法と測定

以上のことを解説していきました。

さいごに、Appleサポートの関連記事を記載しておきます。

 

ラフター
役に立った!など思っていただけたら、ぜひTwitterのフォローや記事のシェアをお願いします!

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました!

(おしまい)

-Apple, Apple Watch
-, , , ,

© 2021 GadgetTable (ガジェットテーブル) Powered by AFFINGER5